FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
「ダ・ヴィンチ・コード」
誕生日、ハニーに買ってもらった「ダ・ヴィンチ・コード」、読み始めたらとまらなく、でも、二日がかりで読みました。

面白かったですよ。
ともかく最後まではらはらドキドキでございました。
「驚愕の事実」とかの触れ込みでしたが、私的には「なあるほど」と手を打ちたくなるような内容でした。

聖書に
神様が最後にイヴを作って、「よし」とされた
ことや、
子供は親を離れて、女(男)と一体となる
ような内容が書いてあったはず(うろ覚え)のことを考えると、「それでいいんじゃない。そのほうが良いんじゃない」と思えました。

まあ、(特に)カトリックの方とかには、不評であろうとは思いますが。


ただ、もっと私がヨーロッパの歴史とか、キリスト教の信仰の
歴史とか、また、ヨーロッパの建物とか美術品とかにくわしければもっともっと楽しめただろうにと思います。それが残念。
とくに、建物や美術品による記述は難しくてよく分かりませんでした。
でも、ぜひ、いろいろ関連する本も読んでみたいと思います。


ともかくこのての「謎」本は大好き!
とても面白いです。
「神々の指紋」以来のヒットでした。
スポンサーサイト

テーマ:ダ・ヴィンチ・コード - ジャンル:本・雑誌

【2006/05/22 15:59 】
漫画・アニメ・本 | コメント(6)
<<家庭訪問 | ホーム | 「ハリーポッターと謎のプリンス」>>
コメント
初めまして!!
misatoって言います。
まだブログ始めたばかりのあたしですが
もし良かったら仲良くしてください☆
【2006/05/22 17:28】
| URL | misato #z8Ev11P6[ 編集] |
映画もすごい人気ですよね。カトリックの方には宗教的にはそぐわなかったりするみたいですね。
でも僕は内容は知らないですが、聖母マリアやキリストが、結婚していても宗教的な事は別として構わないと思いますけどね。
マリアは処女とされてるみたいでずがならキリストは医学的には生まれませんからね。
あくまでもフィクションのお話ですよね。
【2006/05/22 17:48】
| URL | あきら #-[ 編集] |
新約聖書の福音書だけでも読んで映画を観たらもっとよく解ったかもしれませんね。
【2006/05/22 18:59】
| URL | teketeke #7qIJuB7g[ 編集] |
私もあの映画は観たいと思っているんだけど、本を読んでからの方が良いのかしら?
最近、まともに読書してないかもです。
新約聖書なら持ってるから、読み直してからの方がわかるのかなぁ
ちかぶんさんは、読書タイムどのくらいなんですか?少し見習わないと。。。
【2006/05/22 21:02】
| URL | ちぃず #abqb3aB.[ 編集] |
先日もTVで特番やってましたが、すごい人気ですよね。
私も友達から本を借りることになってるんだけど、一向に読み終わらないらしく・・・
映画見たほうが早いかも!と思ってるところです。
【2006/05/22 22:13】
| URL | KICHIOママ #-[ 編集] |
あきらさんヽ(*^^*)ノ
神様のことだから処女受胎くらいはやってのけても、少なくとも結婚しちゃいけないとは言わなかったはず、そんな教えはなかったはず…と認識しています。あきらさんのいう通り宗教的に問題になることないと思うのですが、甘いのですかね。

teketekeさんヽ(*^^*)ノ
きていただいてありがとうございます。
実は、私、新約聖書読んだことがありますよ。

ちぃずさんヽ(*^^*)ノ
かなり濃い内容なので、あの本をどうやって縮めて映画になおしたのか、ちょっと不安に思ってます。できれば一度読んでから見ることをお勧めしますよ。
読書タイム、このように止まらない場合は、限りなく一日中ですかね。
時には徹夜で、ということもあります。
体のために大変よくないと思います。

KICHIOママさんヽ(*^^*)ノ
説明的文章が長いのでお友達はそこでとまっちゃっているのかな。
できれば、読んでから見てほしいなと思います。(内容濃いので)
ハリポタもそうなんだけど、長い原作を縮めるにはだいぶはしょらなくてはいけないと思うんですよね。(それはそれで別な味わいがあったりもしますが)
【2006/05/23 04:10】
| URL | ちかぶん #-[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。