スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
休日に
この週末は、プールに行ったり(もちろん屋内ですよ)、おでかけしたり、みんなで餃子を作って食べたり、いろんなこちゃこちゃしたことをしていましたよ。
そんな中、昨日見たテレビ、「世界がもし100人の村だったら」

なんか、もう…、言葉が出ませんよね。
エイズでストリートチルドレンの子供、
幼いときから働きづめで、カカオとりをしているけれど、それが何になるのか知らない子供たち、
15歳で二児の母になってしまった子、

皆、学校に行きたくてもいけないし、
親とも離れてるし(もしくはいない)
家もない。

出てくる子供たちがたいてい、我が家の子供たちと似たような年齢だったんですよ。
だからよけいにねε-(ーдー)ハァ

子供たちもいっしょに見たのだけれど、いろいろ思ったことがあったようです。
うじらは、「大人になったらカカオが簡単にとれる機械をつくろうかな」とか、思ったようです。

今の私にできることは、あまりないけれど、
ちょっとしたときのちょっとした募金や、
社会に貢献できる大人になるように、子供を育てること
それと、世界中の子供たちが幸せになれるように祈ること
それだけでも忘れずにいたいなあとおもいます。

************************
先日、1回お休みだったリトミックに行ったところ、先生が実は、危篤状態だったとお聞きしました。
おまけに、声帯を失うかもしれなかったとのこと。

ありがたいことに、もう、歌えるし(私たちのリトミックで歌ったのが手術後初だったらしいです)、大丈夫ということですが、人間、いつ、何があるかわからないものだなあと思いました。

昔のことを思い出すと悔いばかりですが、これ以上悔いは残さないように毎日を少し大事にすごしていきたいなと思います。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

【2006/06/04 20:16 】
独り言 | コメント(7)
<<秋田の事件 | ホーム | ちまきの季節>>
コメント
うじらくん、やっぱりやさしい子ですね。でも本来はそう言う問題ではないのですが、何かをしてあげたいと言う気持ちが、大切ですよね。
日本も格差が、広がっていますよね。       僕も出来る事は募金くらいですが、本当に世界中の子供たちが、みんな幸せに暮らせる世の中になればと思いますが、これには外交問題も関わってきますよね。前に3年Β組金八先生で言っていた事ですが、現在はまだ世界中の人が食べていくのに充分な食料はあるんだそうです。でも飢えて死ぬ子もいますしこの記事にあるようにストリートチルドレンが居る国もあります。それは平等に食物や資源が行き渡っていないからですよね。
世界中の国や人々が協力しなければ難しいですよね。また長文失礼しました。
【2006/06/04 20:46】
| URL | あきら #-[ 編集] |
ワタシはその番組は見てないんですけど、
子どもが通う幼稚園では、日々そういった支援を
積極的にしているので、微力ながら幼稚園を通して
気持ち程度の募金だったり、物資提供をしたりしてます。
子どもも、「世界には食べるものも無くて困ってる人がいる」と
いうことが少しは分かるようなので、
きちんと協力してくれてます。
今はジャワ島の地震への支援をしなくては!という
話になってますね。

世界中のみんなが平等に幸せになる日、というのは
実際には無理なことかもしれないのですが
何も知らずに暮らしているより、心の中で
困っている人たちのことを気にかけて暮らす事は
大切なことだと思ってます。
【2006/06/05 08:23】
| URL | トモ #-[ 編集] |
その番組、反響がすごいみたいですね。
見たかったなぁ・・・
日本に住んでると当たり前に思えることが、実は当たり前じゃないんですよね・・・
ほんと、世界中の子供達が幸せに暮らせる世の中になって欲しいです。
【2006/06/05 08:34】
| URL | KICHIOママ #-[ 編集] |
私もその番組 見ていないんです。
この二日間 TVを全然見れなかったので・・・
子供と一緒に見たかったです。
私に出来る事と言ったら、やっぱり募金をする事くらいなのかなぁ~
あとは、子供にも少しづつ、物の大切さや世界には色々な環境の子がいると言う話しを教えていきたいですね。
今って『100円ショップなどで気軽に買って気軽に捨てる』と言う事が当たり前になりつつあるので、感覚が麻痺しそうで怖いですね。
実際、私自身も100円だからまぁいいか~と思ってしまう事もしばしば・・・
反省しないといけませんね。
その100円で命が助かる子が、沢山いるのだから・・・
【2006/06/05 12:59】
| URL | ちぃず #abqb3aB.[ 編集] |
その番組、夜中(ってほどでもない時間ですね)に一人で起き出して何気なくTVを付けたらやっていたのでみました。
私は15歳2児の母のところしか見ていないのですが・・・
何というか・・・やっぱり日本って恵まれているんだなと思いましたよ。
帝王切開なのに3日目には歩いて家に帰って、その後日常生活を送るなんて
今の日本じゃ考えられないですよね。

リトミックの先生はもうお元気になられたのですか?
危篤状態にあった人が快復した、って本当に人間いつ何があるか分からないですね。
OL時代の職場のオジサン達(定年間近の年齢)の訃報や病気療養中という噂を聞くとだんだん病気も他人事じゃないんだな、健康管理をしっかりしなくちゃ、って思います。
母は家族の分も健康管理しなくちゃいけないですしねー。
【2006/06/05 17:33】
| URL | マカレナ #-[ 編集] |
おはようございます。
我が家も餃子を作りました。
したし下の子と一緒だったので
すごいことに。
そうそう、テレビを見たかったけどねちゃいました。
何やかんやいいながら日本で恵まれていますもんね。
【2006/06/06 05:46】
| URL | hana #-[ 編集] |
あきらさんヽ(*^^*)ノ
私も聞いたことがあります。余って捨ててしまう食べ物、過剰に食べて太りすぎになっているような国の食べ物がみな平等に行き渡れば、本当は十分まかなえるはずの食糧はあるんだって。考えさせられますよね。

トモさんヽ(*^^*)ノ
園でそういう活動をしてくれると、子供にもしっかりその気持ちが根付いていくでしょうね。すばらしいことですね。

KICHIOママさんヽ(*^^*)ノ
日本であたりまえなことは世界であたりまえのことではないとつくづく思いました。
時々そのことを思い起こす機会は必要かなと思います。

ちぃずさんヽ(*^^*)ノ
「100円だから…」というの、ありますよね。
身近なことひとつから何か自分に注意できればいいなとおもいます。

マカレナさんヽ(*^^*)ノ
私も、帝王切開して3日後には家にいて(私が帝王切開したときは3日間ベットにくぎ付けで動くことが許されなかった)、しかも外で寝てるのには泣けました。新生児がそんなところで寝てるの~(_TдT)

リトミックの先生はかなりやせましたが、元気になられました。よかったです。

hanaさんヽ(*^^*)ノ
子供と一緒だとおもしろい餃子が作れますよね。でも、けっこうそれがいけたりして(笑)

うちも貧乏だと思っていたけど、世界から見るとかなり裕福な家庭なんだなあとしみじみしました。

【2006/06/06 06:50】
| URL | ちかぶん #-[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。