スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
こんな本読みました
めじらのクラスの先生が、前回の懇談会のときに紹介してくれた本がありました。
「ぜひ一度読んでみて」と、希望者に回覧形式で回してくれました。

その本について一言。

著者は「子どもが育つ魔法の言葉」でおなじみのドロシー・ロー・ノルトさん。
ドロシーさんが、日本にくることになったことをきっかけにかいた「いちばん大切なこと」という詩を題材に書いた本です。

前半は、子供向け(小学生以上)に書いてあったので、子どもといっしょに読みました。かわいい挿絵もたくさん描いてあったせいか熱心に聞いておりました。
後半は親向け。
大切なことがたくさん書いてありました。

「…魔法の言葉」と基本的な考え方は同じなのですが,それがもっとやさしい形で書いてありました。

詩の中で「とびきりすてきな自分になろうね」というフレーズがたくさん出てきます。何度も何度も出てきます。
毎日の生活で行っていることが、自分というものを作っていくんだと感じました。それが、よいもので、自分が”すてき”になっていくのならすばらしいことですよね。

「子どもに教える前に、わたしたちおとなこそが、我慢して待たなくてはならないのです。」
「子どもは、わたしたち親に、人生とはなにか,幸福とはなにかを誰よりも深く教えてくれるのです。」
「与えたり受け取ったりするうちに愛は増えていきます
 愛そのものが育って大きくなるのです」

など大事な言葉がたくさんです。

「…魔法の言葉」もそうですが、自分にとって大切だと思う子育てについての本がたくさんあります。
以前はよく読み返して,自分を戒めていたのですが,最近とんとご無沙汰で、久しぶりに読みました。

やっぱり時々自分の心を改めないと,子どもを急き立てたり,叱ってばかりだったり、反省ばかりするようになってしまうなと思いました。

すぐ、忘れて楽なほうに転げ落ちるわたしですから(笑)

スポンサーサイト

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

【2005/11/13 17:53 】
漫画・アニメ・本 | コメント(7)
<<最近読んだ漫画の最新刊 2 | ホーム | 七五三でした>>
コメント
これはなんて言えばいいかな?ちかぶんさんは充分にちゃんとした母親だと思いますが、子は親の鏡といいますよね。僕は親ではありませんが、お互いに子供たちの手本になるような大人になりたいですね。
【2005/11/13 22:13】
| URL | あきら #-[ 編集] |
子育てよりも、自分がきちんとしないと行けないなと、いつも思っています。
とびきりすてきな自分になるために、努力しようと思いました。
私も今度、読んでみますね。
【2005/11/14 04:21】
| URL | ねね★もも #-[ 編集] |
あきらさん(^^)
子どもって鋭くよく見てますから(笑)
よい親になる努力は、忘れないようにしたいです。
(もちろん周りのおとなのこともよく見てますよ)

ねね★ももさん(^^)
そうですね。親が「とびきりすてきな自分」になればいちばんいいですよね。
【2005/11/14 05:02】
| URL | ちかぶん #-[ 編集] |
なれたらいいですね。
というかステキな姿を子供に見せるために
親もステキな自分にならなければならないのかしら?
気になる本です。
今度本屋さんで見てみますね。
【2005/11/14 12:14】
| URL | マカレナ #-[ 編集] |
マカレナさん(^^)
子どもたちに呼びかけているのですが,おとなにもおきかえられると思いました。ぜひぱらりと見てみて。
【2005/11/14 14:34】
| URL | ちかぶん #-[ 編集] |
色彩検定とは、色に関する幅広い知識・技能を持ち、理論の裏付けのある色彩の活用ができる能力を問う検定試験 http://gazar2.stepuptechnologies.com/
【2008/12/10 23:21】
| URL | #-[ 編集] |
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/02/13 03:52】
| | #[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。